初スノートレッキング 入笠山 2013.01.20

金曜まで湯沢中里にボード行く予定だったけど、天気悪そうだし
って事で、急遽前から興味あったスノートレッキングに挑戦してきた。

土曜に山道具を引っ張り出し、最低限の荷物だけパッキング
主なものは
・トレッキングシューズ
・スパッツ
・ストック
・バーナー
・食材
・スノーボードウェア
そんなもんでだいたい行けます。

前夜、カモミールの新年会だったので、出発は11時半
眠くて仕方なかったけど、なんとかパノラマ到着(1時半)して、就寝


朝は寒かった~エンジンかけて二度寝
8時に起きて、朝食とって、準備して結局出発は9:20
今回はスノーシューのレンタルをしました。
シューとストックのセットで2,500円。
ストックは持ってきてたので、シューだけ借りました。
次回からはストックも借りよう。

ゴンドラに乗り(往復1,600円)、山頂駅へ
d0132743_21301448.jpg

見慣れた風景です。
ここから入笠湿原経由で、入笠山まで行きます。
コースタイムは上り100分、下り90分の3時間行程

標高差は
出発:1780m
湿原:1734m
山頂:1955m
と、入笠湿原まで一度下がり、約200m上ります


入笠湿原まではあっという間です。
d0132743_21302019.jpg

のんびり鑑賞するのは帰りにとっておこうという事で、ほぼ通過です。
この先にきれいな公衆トイレがあります。

マナスル山荘までおよそ30分で到着し、ここから登りになります。

針葉樹林と雪と青空。絵になります。
d0132743_21302796.jpg


途中松ぼっくりがあったり。
d0132743_21303479.jpg


夏山と違って、斜面に向かってほぼまっすぐ上がっていくのでつらいつらい
しかも、最近は全然鍛えてないし、久しぶりの山登りでしんどいしんどい笑
景色を楽しむという名目で、休み休み登ります。


途中見かけた雪原
d0132743_21304299.jpg

雪の結晶が大きく、きらきら光って綺麗でした。気温が低いため、きれいな結晶になってるんですね。こんなにきれいな結晶をちゃんと見たのは初めてでした。ボードでは気付かない発見です。
d0132743_21305099.jpg


そうこうしているうちにあっという間に山頂です。12時
物足りないぐらいでちょうどいい。
d0132743_21311273.jpg


山頂は360度の展望です。
八ヶ岳
d0132743_21311887.jpg


南アルプス・富士山
d0132743_21312562.jpg


中央アルプス
d0132743_21313278.jpg


北アルプス
d0132743_21323191.jpg


山頂ではお決まりのカップヌードル
今回からチビ缶を導入。軽いし、容量は十分だし、少なくなった時に替えを持っていってもかさばらないしいいかなぁと。割高ではあるけど、そうそうなくなるものじゃないしね。

相変わらず山頂滞在時間が長く、今回はイスとテーブルも持ってきてたのでまったり。
お茶もして、写真も撮って1:20下山開始

帰りは途中ルートを外れて新雪の中にダイブ!!!
ズボズボズルズル楽しい~~~~~~~~~!!!


雪の下からもう春の便りが届いてました。
d0132743_21323843.jpg



恐らく旧入笠山スキー場の跡地?
d0132743_21324724.jpg

いやっほ~~~~~~!!!
って気分になります。解放感がやばいっす


入笠湿原まで戻ってきたら後は近いのでゆっくり雪原を堪能しました。


d0132743_21325629.jpg
という事ですので、いっぱい写真を撮らせていただきました
d0132743_2133474.jpg



14:30には下山完了し、ゴンドラで駐車場に下りて、レンタルシューを返して
ゆ~とろんで休んで帰ってきました。



今回初めてスノーシューをやってみたんですが、山は大変なんで、湿原や散策路を歩くだけでもいいかなぁと。
行動目標として雪のある景色を掲げてるので今シーズンもう1,2回行きたいかな。
夏山とは違った楽しみがあり、例えば歩いているだけで雪のきしむ音が楽しめたり、雪原の反射だったり、小さな芽が出ていたり。
夏山より行程が短い分体力にも時間にも余裕があって楽しめました。

数年前までは、ゲレンデに行って滑らないなんて無理でしたが、今でこそ少し落ち着いて雪の他の楽しみ方もいいかなぁなんて。基本寒いの嫌いだし、冬山はすぐ死ぬんで、今日みたいな天気がいい日に限りますが、また行ってみたいなぁと思いました。

ぜひ皆さんも機会があれば!!!
[PR]

by hiroshi-aaa | 2013-01-20 22:19 | おでかけ | Comments(0)