<   2011年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧

「30キロ退避は妥当だが絶対ではない」

「30キロ退避は妥当だが絶対ではない」 原発の放射線被害、米国の専門医師が見解(J-CASTニュース)

来日中の米国の医師ロバート・ゲール博士(65歳)は2011年3月28日夜、東京で記者会見
(中略)
ゲールさんは1986年のソ連・チェルノブイリ原発事故では原発作業員らの骨髄移植治療を行い、99年の茨城県東海村の事故でも治療を指導している。
(中略)

作業員の事前被爆対策は難しい
原発作業員の被曝対策として、あらかじめ血液幹細胞を採取して保存せよとの意見が日本の専門家からあがっていることに対し、ゲールさんは「合理的でない」と述べた。重大な被曝は骨髄と同時に皮膚や肺障害が致命的で、血液幹細胞移植だけでは救命できない。どの作業員が被曝するかが予測できないため、対象者が膨大になること、採取自体が身体にダメージになる、などの理由を挙げた。

避難地域以外から高濃度の放射性物質が検出されている。日本政府が定めた避難要請エリアは半径30キロだが、米国は80キロ圏内の米国人に退避勧告を出した。この点についてゲールさんは、放射性物質の量と水素爆発などで達した高度から推定して、現状では日本の判断が妥当とみる。ただ、「どれだけ広げても、風や地形などで放射能の集中地域 (ホットスポット) がありうる」という。チェルノブイリ原発事故では、放射能の雲が英国の一部に達し、雨が降ったことで避難地域並みの放射能汚染を起こした例を紹介した。

避難地域内での立ち退き拒否や一時帰宅問題に関連して「退避は科学的にはすべての人に必要というわけではない」とし、本来は個人の対応の問題とした。がん発生の確率の話なので、妊婦や子どもの退避は切迫した問題でも高齢者や喫煙者では意味は乏しい、という主張だ。

基準値見直しは専門家の勧告で
 日本は諸外国に比べると、水や食品の放射線への基準が厳しい。「事故がない時は厳しいほうが良く見えるが、事故が起こると現実的でなくなる」とゲールさんはいう。政府が簡単に基準値を変えると国民の信用を失うことから、専門家が勧告すべきで、国民には安全であることを理解してもらう努力が必要だ、と提言した。
(後略)
[PR]

by hiroshi-aaa | 2011-03-30 12:11 | 2011東日本大震災 | Comments(0)

全国放射線量マップ

全国放射線量マップ
※PCのみ
[PR]

by hiroshi-aaa | 2011-03-29 12:37 | 2011東日本大震災 | Comments(0)

都内の水道水中の放射能調査結果

都内の水道水中の放射能調査結果(東京都健康安全研究センター)

道直結管の蛇口から採取した水道水を分析
採水及び測定場所:東京都新宿区百人町(東京都健康安全研究センター)
d0132743_15144884.gif

[PR]

by hiroshi-aaa | 2011-03-29 12:03 | 2011東日本大震災 | Comments(0)

放射線のレベルと危険度

NPO法人安心科学アカデミーの【放射線のレベルと危険度】より転載

d0132743_1122334.jpg


放射線のレベルと危険度(解説)

(前略)
年間線量は世界の平均では2.4mSvわが国では1.5mSv程度である。ブラジルのガラバリ海岸の1部で大地からのガンマ線だけで175mSv、市街地でも8~15mSvインドのケララ地域では平均3.8mSvのところもある。しかし、このような高い線量の地域で生活している住民が他の地域で生活している住民と比較しても人体に悪い影響は認められていない。 

(中略)
年間30mSv以下の人工放射線の被ばくは健康に悪い影響は起こらないということになる。従って、年間30mSv以下を安心レベルと呼ぶ事にした。

(中略)
1回に500mSv以下の放射線を受けても、ほとんど臨床的症状は起こらない。しかし、自然放射線の最高値に近い30mSvを超える場合には、リスクは高まるかもしれない。そこで、30~500mSvの範囲を注意レベルとした。

 500mSv以上の線量では急性か慢性かによって異なるが、いろいろな種類の臨床的症状があらわれる。また、発がん等の健康影響が統計的に明らかになる線量域でもある。これは個人にとって受け入れる事が出来ない線量であるので、危険レベルとした。JCO事故で16,000~20,000mSvを受けたO氏及び6,000~10,000mSvを受けたS氏は死亡したが,  1,000~4,500mSvを受けたY氏はたすかった。5,000mSv以上の放射線を受けると死亡する危険が急増する。

 多量の放射線をうけると危険であるが、年間30mSv以下の放射線を受けても健康に悪い影響は起こらないので、このような線量の放射線を例え受けたとしても心配する必要はない。


レ ベ ル   年間線量(mSv)  人体に対する影響
安心レベル   30以下        悪い影響は起こらないので安心である。
注意レベル   30~500        悪い影響があらわれる可能性がある
危険レベル   500以上       臨床的症状があらわれる

                                    
--------------------------------------------------------------------------------
*放射線の具体的数量の安全量の提言として、安心科学アカデミー(現:安全安心科学アカデミー)から「放射線のレベルと危険度」として設立時の2003年に上記の内容で提言いたしました。

 いっぽう、国際的にも著名な科学者団体・放射線専門研究組織からの放射線の安全量の提言は2004年、フランス科学アカデミーからの「年間200ミリシーベルト未満は実質的に無害」(実際的しきい値の存在)の提言。2005年アメリカ保健物理学会(放射線防護学の研究団体)より「年50ミリシーベルト未満は無害」の提言がなされております。
[PR]

by hiroshi-aaa | 2011-03-29 11:32 | 2011東日本大震災 | Comments(0)

水道水の放射能測定結果について

東京都水道局HPより


金町浄水場
4月15日~10月26日 不検出

朝霞浄水場
4月15日~10月26日 不検出

小作浄水場
4月15日~10月26日 不検出

東村山浄水場
4月15日~10月26日 不検出

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月14日6時
金町浄水場  不検出
朝霞浄水場  不検出
小作浄水場  不検出
東村山浄水場 不検出

4月13日6時
金町浄水場  不検出
朝霞浄水場  不検出
小作浄水場  不検出
東村山浄水場 不検出

4月12日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月11日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月10日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月9日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月8日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月7日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月6日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月5日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月4日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月3日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月2日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

4月1日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

3月31日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

3月30日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

3月29日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

3月28日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

3月27日6時
金町浄水場 不検出
朝霞浄水場 27
小作浄水場 不検出

3月26日6時
金町浄水場 34
朝霞浄水場 48
小作浄水場 不検出

3月25日6時
金町浄水場 51
朝霞浄水場 76
小作浄水場 不検出

3月24日
金町浄水場(6時00分) 79
朝霞浄水場(8時10分) 48
小作浄水場(7時00分) 不検出

3月23日9時
金町浄水場 190
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 不検出

3月22日9時
金町浄水場 210
朝霞浄水場 不検出
小作浄水場 32


※放射性ヨウ素の値
※単位:Bq
※不検出<20Bq/kg
[PR]

by hiroshi-aaa | 2011-03-29 08:28 | 2011東日本大震災 | Comments(0)

プルトニウム-238/プルトニウム-239

原発敷地内土壌 プルトニウム検出(NHKニュース)

(前略)
検出されたのは、プルトニウムの仲間でプルトニウム238と239、それに240の3種類でグラウンド付近の場合、このうちのプルトニウム238が1kg当たり、およそ0.54Bq検出されました。
この濃度は、国内の通常の土壌に含まれる濃度や、過去に大気圏内で行われた核実験で国内に降ったプルトニウムの濃度ともほぼ同じレベルです。
仮に同じ濃度の食べ物を1kg食べたとすると、被ばく量は成人の場合、50年で0.12μSvになります。これは一般の人が1年間に浴びても差し支えないとされる1mSvの8000分の1ほどの値です。
(後略)


プルトニウム-238
半減期 87.7年

生体に対する影響
アルファ線による内部被爆が問題になる。10,000Bqの不溶性酸化物を吸入した時の実効線量は110mSv経口摂取した時は0.088mSvになる。この差は大きいが、原因の一つは経口摂取した時は体内に吸収されにくく、吸入した時は肺などに長く留まることにある。


プルトニウム-239
半減期 2.41万年

生体への影響
アルファ線による内部被曝が問題になる。10,000Bqの不溶性酸化物を吸入した時の実効線量は83mSv経口摂取した時は0.090mSvになる。その差は大きいが、原因の一つは経口摂取した時は体内に吸収されにくく、吸入した時は肺などに長く留まることにある。
[PR]

by hiroshi-aaa | 2011-03-29 08:15 | 2011東日本大震災 | Comments(0)

笑顔

笑う門には福きたる



この人たち楽しそう
ちょっとイラッとくるあたりもまた楽しいねw
[PR]

by hiroshi-aaa | 2011-03-29 00:13 | 2011東日本大震災 | Comments(0)

なぜ日本人は買いだめしてしまうのか

なぜ日本人は買いだめしてしまうのか(COBS ONLINE)

(前略)
首都圏の人々が不安にかられて買いだめに走ってしまったのか。精神保健指定医である河本メンタルクリニック顧問の小野博行先生に、この不安について伺った。

「買っておくと安心」「買わないと不安」に変化

 小野先生は、買えなくなることへの不安が買いだめに走らせた原因だと言う。

 地震発生後、時間とともに首都圏に住む人々も被害の大きさを知り、「もしかすると品物がなくなるかも。備蓄食料を買っておいた方が安心」と考え始めたころ、ひと足先にスーパーや薬局に買いだめに急ぐ人を見て、「買っておかないとなくなってしまう!」という焦りが生じた。そして実際に店頭で商品が買えなかったり、メディアなどで店頭から商品がなくなっていることを知り、焦りや不安は急激に増大し、過剰な買いだめに走らせると言う悪循環を生み出してしまったのだ。
不安にならないための特効薬はない

 「この買いだめに走る行動は、日本人に強く現れる特徴とも言えます」(小野先生)

 日本人は店頭には物が溢れていることが当然だと思っているので、棚が空っぽになり買いたい物が買えないという事態に敏感に反応してしまうのだと言う。どれだけメディアで買いだめする必要はないと伝えていても、買えなくなることへの不安を払拭できない限り、買いだめに走ってしまうのだ。

 小野先生は、国民性を考えてもこの不安を防ぐ方法はないが、自分が不安になっていることを自覚することで、随分と冷静な行動を取れるようになれると言う。
不安になっていることを自覚する

 程度の差はあれ、だれもが不安を感じているいまだが、過度の不安を抱き買いだめに走っていていないかを自分の行動から確認すると良い。小野先生は下記の3つの項目に一つでも当てはまるものがあれば、不安が増大されている可能性が高いと言う。

□必要な量・数を計算しないままに、手当たり次第買おうとする。
□他の人が自分よりもたくさん買っていると、その人以上に買いたくなる。
□買って家に戻ると、買い足りなかったという気持ちに捕われて、また買いに行ってしまう。

「不安が介在していない購入ならば、そこには冷静な判断があるはずで、必要な量・数の計算はするはずです 。チェックした項目が多いほど、冷静なあり方からはずれている状態と言えるでしょう」(小野先生)

 もちろん不安にかられていることを認識したとしても、周りが買いだめに走っている状態で自分一人が冷静になるのは簡単なことではないが、少しでも「本当に必要なのだろうか?」と立ち止まって考えることが出来れば不安は増大しないし、気分も楽になる。

今回のケースでは、できるだけ冷静になり視野を広く持つことが不安を増大させない方法です」(小野先生)

 こんなときだからこそ、周りに翻弄されず冷静に行動することが被災された方々のためにも、自分のためにも大切なのだろう。
[PR]

by hiroshi-aaa | 2011-03-28 21:52 | 2011東日本大震災 | Comments(0)

ヨウ素-131/セシウム-137/セシウム-134

ヨウ素-131
半減期 8.04日

生体に対する影響
ガンマ線は放出されるが、ベータ線による甲状腺被曝が大きな問題となる。10,000Bqを経口摂取した時の実効線量は0.22mSvになる。ガンマ線による被曝は甲状腺以外におよぶが、その線量は小さい。
外部被曝も考えておきたい。1mの距離に100万Bqの小さな線源があると、ガンマ線によって1日に0.0014mSvの被曝を受ける。


セシウム-137
半減期 30.1年

生体に対する影響
10,000Bqを経口摂取した時の実効線量は0.13mSvになる。また、1mの距離に100万Bqの小線源があると、ガンマ線によって1日に0.0019mSvの外部被曝を受ける。
旧ソ連原発事故では、広い地域が1m^2あたり50万Bq(5.0×10^5Bq)以上のセシウム-137で汚染された。そのような場所では、セシウム-137のみから1年間に1mSv以上の外部被曝を受ける。事故直後は、短寿命放射能の存在と内部被曝の寄与で年間10mSvをはるかに超える被曝を受けていた。ふつうの人は、そこに住むことはできない。


セシウム-134
半減期 2.06年

生体に対する影響
体内に摂取した時のベータ線による内部被曝が問題になり、10,000Bqを経口摂取した時の実効線量は0.19mSvになる。また、1mの距離に100万Bqの小さな線源があると、ガンマ線によって1日に0.0055mSvの外部被曝を受ける。
[PR]

by hiroshi-aaa | 2011-03-25 21:06 | 2011東日本大震災 | Comments(0)

秋葉原通り魔事件 死刑判決

秋葉原通り魔事件 死刑判決(NHKニュース)

2008年6月8日、7人の尊い命を奪った事件。
あれからもう3年も経つんですね。


今回の東北関東大震災での犠牲者10,035人(2011.03.25 11時現在)
行方不明者とあわせると27000人超(2011.03.24現在)



本当に命のあり方を考えさせられます。
[PR]

by hiroshi-aaa | 2011-03-25 12:55 | 2011東日本大震災 | Comments(0)