インテリアバー 【RB1 オデッセイ 車中泊】

車内に物をつるしたいときに役立つインテリアバー

色々な方法で取り付けている人がいますが、お金を出せばいいものが買えるんですね。1個800円位しますけど

そんな訳で、ホームセンター・100均廻りを繰り返し、ようやく行き着いたインテリアバーがこちら

前方から
d0132743_10555218.jpg


後方から
d0132743_105683.jpg


なかなか満足の出来栄えです。

予算は2,000円位だったと思います。(だいぶ前に造ったので忘れましたが。。。)

部品
イレクターパイプ 1.5m × 2本(これだけでも長さが足りればOK)
イレクターパイプ 0.6m × 2本
プラスチックジョイント(J-147) ×2個
自転車用ライトホルダーケース(100均) ×6個
針金 (適当)
ナット (適量)
ボルト × 6本(太さ・長さ忘れた・・・)



インテリアバーつける上で一番悩む、足の部分
ずいぶん前に造ったので、細かいことは忘れましたので写真で
d0132743_1134511.jpg

ライトホルダーケースを受ける側を使って、ボルトでグリップのネジ穴に固定して、高さ(奥行き)調整にナットをかませます。
これがちょうどイレクターパイプをくわえるのにいいサイズで、後は外れないように針金で固定。
d0132743_1136753.jpg

2列目に2個ずつ左右に、そして1.5mのイレクターパイプをかませると3列目にアシストグリップまで届くのでそこに1個ずつ左右に。合計6箇所で固定してます。

それぞれ壁からの距離が違うので、かませてるナットの数が違います。

オデッセイは後が少し狭まっていて、2mのイレクターパイプだと干渉するのでプラスチックジョイントを使って、若干内側によせて、60cmのイレクターパイプをつなげる。そうするとテールゲートぎりぎりまでインテリアバーを設置できます。


強度はなかなかのもので、アシストグリップとして体重かけるぐらいであればまったく問題なく、両方のイレクターパイプを持った状態であれば60kgの人間がぶら下がっても壊れませんでした。

後の延長が要らないときは取ってしまうことも可能
d0132743_11454461.jpg

釣竿かけたり、ボードを載せたりしてます。

横のバーは色々悩みましたが、市販のインテリアバーを使用。
固定させないほうが汎用性が高いのでイレクターパイプにかけてるだけですが、まず動かないのでいいです。

d0132743_11471059.jpg



色々なDIYがありますが、これはどの車種にでも流用できるのではないかと思います。



by hiroshi-aaa | 2015-12-04 11:47 | RB1 オデッセイ | Comments(0)